ブレインスリープピローとトゥルースリーパーの比較!オススメはどっち?

ブレインスリープピローとトゥルースリーパーはどっちがいいの?、オススメはどっちなの?と気になりますよね^^

この記事ではブレインスリープピローとトゥルースリーパーを色々と比較してみました。

これらの比較を参考に、あなたにとってピッタリのアイテムが見つかるといいですね♡

(*この記事ではトゥルースリーパーのセブンスプローと比較していきます^^)

先に結果を見ると・・

科学的に開発されていて、驚くほどぐっすり寝たいなら、ブレインスリープピローの方がオススメ^^

ブレインスリープピローほど大きな変化を感じる事はできませんが、ぐっすりと眠れて、価格がリーズナブルの方がいいなら、トゥルースリーパーの方がいいです^^

ブレインスリープピローとトゥルースリーパーの比較結果

ブレインスリープピローとトゥルースリーパーの比較結果を一覧表にしてみました^^

『ブレインスリープピローとトゥルースリーパーの比較結果』

比較ポイントブレインスリープピロー トゥルースリーパー
★高さ自然にフィット自己調整
★寝返り寝返りしやすいあまりよくない
★かたさ中間柔らかめ
★通気性蒸れにくい多少蒸れやすい
★耐久性耐久性あり耐久性あり
★お手入れ簡単手軽簡単手軽
★口コミ  賛否両論賛否両論
★価格   33,000円~16,280円~

(*税込)

このように8つのポイントで見ていきたいと思います。それでは、1つづつ見ていきますね^^

 

★高さの違い

ピローの高さがあっていないと身体に力が入ってしまい肩こりなどの原因になりますよね。

逆に低すぎると血液が頭にたまってむくみに繋がったり、逆に高いといびきの原因になったりすることもあります。

なので、ピローの高さはとても大切です!^^

 

ブレインスリープピローとトゥルースリーパーとでは、高さについてはどうなんでしょうか。比べてみました^^

ブレインスリープピローの高さ
自然と自分にフィットした高さにしてくれる。
トゥルースリーパーの高さ
自分で高さを調整する。

 

『ピローの高さ』で言うと、ブレインスリープピローの方が良いです^^

ブレインスリープピローですと、1週間かけて頭の重さや大きさに自然とフィットするようにしてくれます。

まさに自分だけのオーダーメイドの枕が出来上がってしまいます^^

 

もともとブレインスリープピローの構造は3断層です。

(公式より)

1番上の層(アジャスト層)がしっかりと頭のサイズや重さを把握し、そのほかの層(サポート層&ベース層)と一緒に自然と適切な高さに調整してくれます^^

 

(公式より)

またブレインスリープピローの向きを1つ変えるだけで、高くしたり、低くしたりすることもできます^^

 

トゥルースリーパーのほうは中に入っているシートを抜き出して自分に適した高さに調整する商品です。

(公式より)

 

これなら自然と適切な高さにしてくれるブレインスリープピローのほうが正確でいいですね^^

まさにブレインスリープピローオーダーメイドの枕のようです^^

 

★寝返りの違い

睡眠中に約20~30回は寝返りを打つと言われています。

ぐっすりと眠るには「寝返り」も大切なポイントの1つです。

 

そこで、ブレインスリープピローとトゥルースリーパーの寝返りのしやすさについて見てみました^^

ブレインスリープピローの寝返り
寝返りのことまで考慮されている。
トゥルースリーパーの寝返り
あまり考えられていない。

 

『寝返りのしやすさ』についてはブレインスリープピローの方がいいです^^

ブレインスリープピローですと、左右に寝返りしやすいようにしっかりと設計されています。

(公式より)

左右は少し硬め(10~20%硬め)に作られていて、真ん中は柔らかめに作られています。

この構造ですと寝返りが1番しやすいですし、じっくりと眠れる体勢が作れます。

実はこの構造は私たち日本人に一番合った枕構造です^^

 

トゥルースリーパーのほうはブレインスリープピローほど寝返りについて考えられた商品ではありません…。

トゥルースリーパーはかなり横幅があり、寝返りしやすいように作られていますが、ブレインスリープピローほどしっかりと設計されていません..。

 

これならブレインスリープピローの方が安心して寝返りできる構造になってます^^

 

★かたさの違い

ピローの固めが好きか、柔らかいのが好きかは人それぞれですよね^^

やっぱり自分の好きな枕のかたさで寝ることでリラックスできて、快眠に繋がります。

 

そこで、ブレインスリープピローとトゥルースリーパーのかたさについて比較してみました^^

ブレインスリープピローのかたさ
硬くもあり、柔らかくもある。
トゥルースリーパーのかたさ
比較的柔らかめにできている。

 

『かたさ』について言えば、少し違いがありました。

ブレインスリープピローですと、柔らかくもありまた硬くもありです。

トゥルースリーパーのほうは比較的柔らかめにできています。

 

ブレインスリープピローは先ほど上記でも少し紹介したように、自分の頭のサイズや重さに応じて自然調整してくれる枕です。

なので、かたさも自分に合った硬さに自然と変わっていきます^^

 

またトゥルースリーパーのほうは柔らかめに作られています。頭をしっかりと包んでくれることをポイントとして作られている枕だからです^^

衝撃吸収性に優れ、復元性のある低反発素材を使用。

(公式より)

 

こんな風に、かたさについてみても自分に適した硬さにしてくれるブレインスリープピローのほうがいいですね^^

 

★通気性の違い

何気にピローの通気性は大事です。

ピローの通気性の良さによっては、脳を適度に冷やすことでリラックス状態にすることができるからです。

夏ですと涼しく寝ることができますし、冬ですと程よい冷たさになり、ぐっすりと眠ることができます^^

 

そこで、ブレインスリープピローとトゥルースリーパーの通気性について比較してみました^^

ブレインスリープピローの通気性
通気性抜群で蒸れにくい構造。
トゥルースリーパーの通気性
通気性が悪い。

 

『通気性』についてはブレインスリープピローの方がいいです^^

ブレインスリープピローの方がムレにくい構造になっています。

(公式より)

トゥルースリーパーの方はウレタン素材が使用されています。 ウレタン素材は、 通気性が悪い特徴があるので、多少ムレやすいです…。

これなら、ブレインスリープピローの方がいいですね^^

 

★耐久性の違い

ピローは毎日使用するものです。でも、毎日使っていると経年劣化などで枕の高さが変わる可能性がありますよね。

そういう意味では、ピローの耐久性はぐっすり眠れるためのポイントでもあります。

 

そこで、ブレインスリープピローとトゥルースリーパーの耐久性について比較して見ました^^

ブレインスリープピローの耐久性
耐久性がある。
トゥルースリーパーの耐久性
耐久性がある。

 

『耐久性』についてはほとんど同じです^^

ブレインスリープピローは通常使われる素材(ウレタン素材やフェザー素材)に比べてかなり耐久性がある商品です^^

(公式より)

実際の実験結果でもブレインスリープピローの素材は耐久性があることが報告されています。

 

またトゥルースリーパーの方は20万回の圧縮耐久試験に合格していて、耐久性が高いです。最大5年間も持つと言われるほどです^^

 

これなら耐久性で言うと、どちらも嬉しい商品ですね^^

 

★お手入れの違い

ピローは直接肌に接するものなので、長期間使用しているとダニやカビが繁殖してくるので心配になるかと思います。

そんな時、手軽にお手入れができるピローがいいですよね^^

 

そこで、ブレインスリープピローとトゥルースリーパーのお手入れについて比較してみました^^

ブレインスリープピローのお手入れ
シャワーでさっと水洗いして風通し。カバーも洗濯可能。
トゥルースリーパーのお手入れ
カバーのみ洗濯可能。

 

『お手入れ』で言うと、ブレインスリープピローの方が細かく洗濯ができます^^

ブレインスリープピローですと、シャワーでさっと洗い、風通しするだけできれいに洗い流すことができます^^

(公式より)

それにカバーも一緒に洗うことができるので常に清潔感を保って使うことができます^^

 

トゥルースリーパーの方はカバーのみ洗濯できます。

中身のシートは水で濡らした布で叩くように汚れを落とします。

 

これなら、カバーもシートもしっかりとキレイに出来るブレインスリープピローのほうがいいですね^^

 

★口コミの違い

ブレインスリープピローとトゥルースリーパーの口コミについてです。

実際に使用した人はどんな風にコメントしているんでしょうか^^

実体験なので、参考になると思います^^

 

ブレインスリープピローの口コミ

『頭に負担がなく、寝心地が最高です。』

『本当に頭がスッキリする!』

『日中の眠気もなくなり本当にびっくりです。』

『短時間で質の良い睡眠がとれているのだと実感』

『従来の枕にでは味わえない安定性』

『長年の睡眠障害が解決』

『毎晩就寝するのが楽しみになりました。』

(引用元:ブレインスリープピローの公式

ブレインスリープピローの口コミで多かったのは『睡眠の質が上がった』、『すっきりと寝れるようになった』と言う声が1番多かったです^^

やはり普通の枕と比べると格段に違う変化を感じられるようです(笑)

例えば、「日中の眠気がなくなった」「毎晩寝るのが楽しみになった」と言うようにブレインスリープピローで寝てからは生活に大きな変化が出てくるようですね^^

 

トゥルースリーパーの口コミ

「肩と首が楽で、ゆっくり眠れた」

「すぐに寝付けるようになりました!」

「背中と肩 首に負担がかからず首凝りがとれました」

「大きいので頭が落ちる事もなく、良く眠れます。」

「身体が軽く朝起きての爽快感!大満足です。」

(引用元:トゥルースリーパーの公式)

トゥルースリーパーの口コミも嬉しい口コミがたくさんありました^^

先程のブレインスリープピローと同じように睡眠の質が大きく変わった様です^^

トゥルースリーパーで寝てからは肩と首が楽!なんて言う声もあったくらいです(笑)

 

★価格の違い

どうせ購入するなら、やっぱり少しでも安く、お得な方がいいですよね。

そこで、ブレインスリープピローとトゥルースリーパーの価格について比較してみました^^

 

ブレインスリープピローの価格

33,000円(税込、カバー付き・送料無料)

♡カラー:ホワイトorネイビー

♡ペアセット:62,700円(税込、送料無料)

♡セット内容:ピローミスト・サプリ・3枚のカバー

♡到着から30日間無料交換。

ブレインスリープピローの公式サイト

トゥルースリーパーの価格

♡単品:16,280円(税込)

♡ピローセット:16,800円(税込)

♡カバーセット:20,661円(税込)

♡特別セット:37,100円(税込)

♡半額以下セット:26,800円(税込)

♡送料無料。

♡60日返品保証。

♡1年交換保証。

♡24時間365日受付。

 

『価格』で言うとトゥルースリーパーの方が安いです^^

トゥルースリーパーの単品価格はブレインスリープピローの約半額なので、かなり違いますね^^

 

それに特典を見てもトゥルースリーパーの方がいいです^^

トゥルースリーパーですと送料無料だったり、60日返品保証や1年間の交換保証付きです^^

ブレインスリープピローの方にも嬉しい特典があるのですが、総合的に見るとトゥルースリーパーの方が良いですね^^

 

<まとめ>

ここまで色々とブレインスリープピローとトゥルースリーパーを比較してきました。

結果。ほとんどのポイントで違いがありました^^

『ブレインスリープピローとトゥルースリーパーの比較結果』

比較ポイントブレインスリープピロー トゥルースリーパー
★高さ自然にフィット自己調整
★寝返り寝返りしやすいあまりよくない
★かたさ中間柔らかめ
★通気性蒸れにくい多少蒸れやすい
★耐久性耐久性あり耐久性あり
★お手入れ簡単手軽簡単手軽
★口コミ  賛否両論賛否両論
★価格   33,000円~16,280円~

(*税込)

 

ブレインスリープピローはとにかく科学的に睡眠の質を上げるようしっかりと考慮された商品です^^

枕自体の高さや硬さの自然調整など自然とぐっすりと眠ることができるように作られている商品です。

お値段は少ししてしまいますが、やはりそれだけの高品質な商品だと言うイメージがありますね^^

 

またトゥルースリーパーにはブレインスリープピローほどの構造ではありませんが睡眠の違いを感じられる商品です^^

それにお値段がリーズナブルで豊富な特典が嬉しいポイントですよね^^

 

こんなふうに、科学的に開発されていて、驚くほどぐっすり寝たいなら、ブレインスリープピローの方がオススメ^^

ブレインスリープピローほど大きな変化を感じる事はできませんが、ぐっすりと眠れて、価格がリーズナブルの方がいいなら、トゥルースリーパーの方がいいです^^

これらの比較が何か参考になれば嬉しいです^^

 

*参考:

ブレインスリープピローとエアウィーヴの比較!オススメはどっち?

ブレインスリープピローとコアラピローの比較!オススメはどっち?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です